「岡町」駅より徒歩約2分の内科・外科・胃腸内科・整形外科、豊中市の栗田医院です。小腸・大腸カプセル内視鏡検査、生活習慣病の改善、予防、消化器癌検診など、お気軽にご相談ください。

粉瘤(アテローマ)の治療について

  • ホーム »
  • 粉瘤(アテローマ)の治療について

粉瘤(アテローマ)の治療について

粉瘤(アテローマ)の治療について 粉瘤(アテローマ)とは、皮膚の下に嚢腫(のうしゅ・ふくろのようなもの)が生じ、その中に垢(ケラチン)などが貯まる良性の腫瘍のことをいいます。
腫瘍の中心に黒点状の入口のようなものがあり、その中には角質や皮脂が貯まり、その後、垢が重なり、溜まっていくことで、徐々に肥大していきます。
化膿した場合は、切開など、痛みを伴う処置が必要になることがあり、留意が必要です。
粉瘤(アテローマ)は体の部位を問わずでき、感染性のものもありますが、主に加齢変化が原因と考えられています。

治療法

軽症の場合は抗生物質を内服していただきコントロールします。
症状が進行している場合は、切開後、中味(垢と膿)を取り除き、炎症が落ち着いてから(1〜2ヶ月後)切除術が必要となります。
放置すると、肥大、化膿することがあります。

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
 9:00~12:00
代診
16:00~18:00

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒561-0881
大阪府豊中市中桜塚1丁目7番1号

阪急宝塚線「岡町」駅より 徒歩2分

原田神社 隣り(南側)

お気軽にお問い合わせください。

TEL:06-6841-7671
PAGETOP